ポメラニアンが喉を鳴らすのは何故?

ある日、ポメラニアンが喉を鳴らすので、何故鳴らしているのだろうと気になってはいませんか?

喉を鳴らすと言えば、猫を連想してしまいますが、実は犬も喉を鳴らすのです。

ポメラニアンが喉を鳴らす理由についてお伝えします。

スポンサーリンク
pomeranian-shiikuレクタングル大

ポメラニアンが喉を鳴らす理由

子どもの狼は母狼に餌をねだる時、喉を鳴らすのですが、狼を先祖に持つポメラニアンも同じことをすることがあります。

つまり、ポメラニアンが喉を鳴らすのは飼い主に餌などをちょうだいとお願いしているのかもしれません。

他にも、飼い主に甘える時に喉を鳴らすという子もいるようです。

まるで猫みたいですが、犬と猫の先祖はミアキスという共通した動物のため、同じ性質を引き継いでいることもあるのかもしれません。

ちなみに、犬が森を出て草原で暮らし始めたミアキスの子孫で、猫が森で暮らし続けたミアキスの子孫です。

そのため、世間では犬派、猫派と論争になることもありますが、両者には共通した部分もあります。

犬の感情表現

喉を鳴らすことも感情表現の1つかもしれませんが、犬は様々な方法で感情を伝えています。

たとえば、飼い主が怒っている時にあくびをすることがありますが、これは飼い主に、怒られるのは嫌だから「やめて」と訴えかけている時の仕草です。

犬同士も出会った時の仕草も感情を伝えあっています。

このようなジェスチャーによる意思表示はカーミングシグナルと呼ばれ、犬の独自言語と呼べるでしょう。

カーミングシグナルは数多くの種類があるので、覚えておくと犬が何を伝えたいのか何を考えているのかが飼い主も掴みやすくなります。

まとめ

ポメラニアンが喉を鳴らすのは何かをおねだりしていたり甘えているからなのかもしれません。

どちらも、子どもの狼が母犬にする仕草ですが、犬は狼の子孫のため、同じ仕草を引き継いでいるのではないでしょうか。

喉を鳴らすのはまるで猫みたいですが、犬と猫の先祖はミアキスという動物でした。

ミアキスは森で暮らしていましたが、森で暮らせなくなったミアキスが草原で暮らし始め、犬へと進化し、森の中で暮らし続けたミアキスが猫へと進化したのです。

そのせいかどうかは分かりませんが、犬と猫について調べてみると、両者ともに共通した部分もありますから、犬が喉を鳴らして何かを訴えることもあるでしょう。

犬派ジェスチャーによって意思表示をします。

このジェスチャーはカーミングシグナルと呼ばれるもので、犬は常日頃、このカーミングシグナルで自分の気持ちを伝えていることが多いです。

スポンサーリンク
pomeranian-shiikuレクタングル大

pomeranian-shiikuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする