ポメラニアンとチワワの多頭飼いは可能?

ポメラニアンとチワワの多頭飼いは可能かどうか気になってはいませんか?

どちらも小型犬ですが、多頭飼いとなると相性も大切ですよね。

ポメラニアンとチワワの多頭飼いは可能かどうかお伝えします。

スポンサーリンク
pomeranian-shiikuレクタングル大

犬種同士の相性より犬同士の相性次第

世の中にはシベリアンハスキーとチワワが仲良しの場合もあり、犬は犬種に関係なく接することができます。

大切なのは犬種同士ではなく、犬同士の仲が良いかどうかです。

そのため、多頭飼いをする時は犬種に気を配ることはそれほど重要なことではありません。

顔合わせをする時に気をつけて、仲良くできるかどうかだけを見れば充分です。

多頭飼いでは犬の数に比例して、飼い主の労力が増えます。

そのため、飼い主の余力がどれだけあるかどうかで犬種を選びましょう。

チワワもポメラニアンも小型犬なので、飼い主の負担は少なくて済みます。

多頭飼いの注意点

ポメラニアンとチワワはどちらも吠え癖が出やすい犬種です。

ポメラニアンは神経質な性格が、チワワは臆病な性格が影響しています。

他にも、両親の性格など考慮しない交配の結果、よく吠える子同士が親になってしまい、吠える性質が強くなってしまったという子も多いです。

これは現在、どちらも人気犬種ということが理由であり、需要を満たすために闇雲に繁殖させ、供給しているというのが実態なので、仕方がありません。

先住犬が吠えなくても、新米の子が吠え癖を持っていると、感化された先住犬も吠えるようになってしまったということは珍しくありません。

こうなると、しつけがとても大変だというのが、多頭飼いの最大のデメリットです。

1頭を直しても、もう1頭が直らないと元の木阿弥になってしまいます。

そのため、多頭飼いでは飼い主の飼育スキルが求められます。

まとめ

ポメラニアンとチワワの多頭飼いは可能ですが、お互いの相性がいいかどうかは実際に顔を合わせてみなければ分かりません。

仲良く遊んでいるのなら、問題はないでしょう。

1頭目と2頭目があまりにも仲が悪く、2頭目を手放さなければいけなくなったという話も少なくありません。

そのようなリスクを考えると、2頭目をお見合い期間と称する同居期間を設けている動物愛護団体から迎えるのもいいでしょう。

1頭目と2頭目の相性が悪かった場合は2頭目を団体に帰すことができますし、飼い主自身が複数の頭数を飼う能力があるかどうかも確かめることができます。

多頭飼いをする飼い主の能力がない場合、犬も人も苦労してしまうので、安易に多頭飼いをしないようにしましょう。

スポンサーリンク
pomeranian-shiikuレクタングル大

pomeranian-shiikuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする