ポメラニアンが吠える理由と対策

ポメラニアンが理由も分からずに吠えるので、困ってはいませんか?

何故、ポメラニアンは吠えるのでしょうか。

ポメラニアンが吠える理由と対策についてお伝えします。

スポンサーリンク
pomeranian-shiikuレクタングル大

ポメラニアンが吠える理由

ポメラニアンは神経質な一面があり、番犬に向いていると言われています。

番犬に向いている犬ということは吠えるということです。

ポメラニアンは元々吠えやすい犬種だから、吠えるというのが理由の1つになります。

犬種の詳細な特徴は調べればすぐに分かりますから、これくらいはペットショップやブリーダーから買う前に調べるくらいして知っているという飼い主も少なくないでしょう。

理由の2つ目は、ポメラニアンが子犬時代に留守番をさせる時間が長かったというものです。

ペットショップは高校生でもアルバイトが出来、必ずしもペット飼育の専門家ではないのですが売るために、「子犬なので、1日中寝ているので、留守番できます」と言って売ることが少なくありません。

犬もそれなりの知能を持った動物ですから、人間のものとは多少違えど、情緒や感情というものがハッキリと存在するので、長時間ケージの中などで1匹で放置されると不安になるわけです。

このせいで、情緒に影響が出ることがありますし、飼い主との間に絆が形成されないこともあります。

人間換算年齢で15歳前後になる生後6ヶ月まで人が側にいることが、安定した情緒の犬にする秘訣です。

理由の3つ目は人気犬種ゆえの問題になります。

ポメラニアンの供給を満たすために、血統を無視した近親相姦などにより誕生した子犬が少なくありません。

多少、性格に問題がある犬も繁殖に使われていることもあり、先天的に吠える犬もいて、しつけでも矯正出来ないことが少なくないのです。

ポメラニアンが吠える時の対策

ポメラニアンが吠えたら、大きな音を出し、びっくりさせます。

こうすることで、ポメラニアンはびっくりするので、すかさず、「駄目!」と叱るというのを吠えなくなるまで繰り返します。

大きな音で最初にびっくりさせるのは、吠えている時に飼い主が起こると、ポメラニアンが、「飼い主が自分に加勢をしている」と勘違いするので、それをさせないためです。

どんなしつけや対策を行っても吠えるという場合は、動物病院から精神安定剤をもらうといった対策も必要になります。

子犬時代に1匹で過ごしていたというこの場合、飼い主とポメラニアンの間に強い絆が形成されると精神が安定することがありますから、撫でたりして一緒の時間を過ごすのも有効な対先になります。

まとめ

ポメラニアンが吠える理由は3つあります。

・犬種的に吠える。

・子犬時代に1匹でいることが多く、情緒が不安定になったり、必要なしつけがされなかった。

・先天的に吠える。

吠える対策については、驚かせてから、「駄目!」と叱るという方法、絆を形成し直す方法、精神安定剤というものがあります。

スポンサーリンク
pomeranian-shiikuレクタングル大

pomeranian-shiikuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする