ポメラニアンのパピートレーニングについて

ポメラニアンのパピートレーニングについて気になってはいませんか?

ポメラニアンに限らず、生涯を通して朗らかに生活するためには欠かせないのがパピートレーニングです。

ポメラニアンのパピートレーニングをどのようにすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク
pomeranian-shiikuレクタングル大

パピートレーニングとは?

パピートレーニングとは子犬時代に行う社会性を身につける訓練のことで、ポメラニアンに限らず全ての犬にとって大切なものです。

社会性とは社交性や環境への適応能力のことで、子犬時代にこれを育まないと成犬になった時の生活が困難になることがあります。

たとえば、他の人や犬に対して不安などが先行し、乱暴に接したり怯えたりして仲良くなれなかったり、外出に極端におびえるといったことです。

また、トイレや無駄吠え、甘噛みなどのしつけ、体のどこに触っても犬が大人しくしていられるといったことも含まれます。

この社会性は生後14週くらいがもっとも身につくので、お座りなどの訓練よりも優先して行います。

パピートレーニングのやり方

家庭で行う場合はトイレのしつけ、体を毎日、少しずつ触るということを行います。

家庭でのパピートレーニングで大切なのは褒めることとできるだけ失敗をさせないことです。

失敗をさせないということは少しずつ慣らしていくということになります。

トイレの失敗については失敗が当たり前なので、ナーバスになる必要はありません。

現在はパピートレーニングを行う犬の幼稚園のようなものもあるので、そちらを利用することもおすすめです。

生後半年まで100人に可愛がってもらうことを目標にしなさいと社会性を身につけるトレーニングではよく言われることであり、パピートレーニングを行う施設なら多くの人と会えますし、同じ年頃の子犬たちが集まっているので、交流も容易です。

お座りなどのしつけについては生後5か月以降でも構いません。

まとめ

ポメラニアンのパピートレーニングですが、生涯暮らしていくうえで必要な最低限のルールと性格を身につけるためにとても大切です。

そのためには多くの人と会ったり、毎日体を触ったりすることが大切になります。

パピートレーニングは体に触ることを嫌がらないや無駄吠えをしないなどを少しずつ行っていきますが、どのトレーニングであっても犬が楽しみながらできるようにすることが大切です。

現在はパピートレーニングを行う施設もあるので、そういう施設を利用するのもいいでしょう。

理由は生後半年まではたくさんの人に可愛がってもらったり、多くの犬と交流することが大切だからです。

ただし、社会化がうまくいっていない犬や犬を乱暴に扱うような人と触れ合わせるのはトラウマを植えつけるので厳禁になります。

スポンサーリンク
pomeranian-shiikuレクタングル大

pomeranian-shiikuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする