ポメラニアンがよく吠えるのを止めさせるには?

ポメラニアンがよく吠えるので困ってはいませんか?

犬がよく吠えるという問題は近隣との騒音トラブルになりやすく、犬関連のトラブルで最も多いものです。

できれば、近所と問題になる前に解決をしたいですね。

よく吠えるポメラニアンの改善法についてお伝えします。

スポンサーリンク
pomeranian-shiikuレクタングル大

よく吠える時のしつけ方

ポメラニアンがよく吠える原因は一体なんなのでしょうか。

何に反応しているかなどによって、対策の仕方が違ってきます。

来客に警戒して反応しているようなら、誰か知り合いに協力をしてもらって、来客役をしてもらい、玄関先で吠えられている時にドッグフードを1粒から数粒見せます。

犬が静かになったら、ドッグフードをあげましょう。

これはポメラニアンに来客=おやつをくれる人と思わせることで、警戒吠えをやめさせるテクニックです。

夜によく吠えるという場合は寂しさから吠える可能性があります。

この場合は飼い主の寝室の隅に寝床を作り、一緒の部屋に眠ってあげましょう。

その他にもストレスなどでもよく吠えるようになりますから、対症療法ではなく、根本的な原因を改善するつもりで取り組む必要があります。

子犬の頃の育て方が大切

多くのよく吠えるなどの問題行動を起こす犬には共通点があります。

それは子犬時代に長時間留守番をして過ごすなど人との触れ合いが少ないというものです。

子犬時代は人に愛され、人との接し方を学び、人と生活をするためのルールについて学ぶ大切な時期なのですが、留守番が多い犬は必然的にその学びの時間も限られることになります。

そのため、情緒が健全に発達しなかったりすることもあり、問題行動を起こしやすい犬に成長するのです。

生後6ヶ月の時までは人間が側にいて育ててあげることが理想になります。

生後6ヶ月頃は人間に年齢換算をすると、15歳前後なので、それくらいになると人との接し方など多くを学んでいるため、1匹だけでも大丈夫になるのです。

まとめ

元来、ポメラニアンは勇敢で番犬にも向いている性格をしていると言われますが、つまり、吠えると言っているのと同じです。

そのため、吠えては困るような環境で飼うのには向いている犬種ではありません。

ポメラニアンがよく吠える時の対処法ですが、何故吠えているのかを知る必要があります。

来客などに警戒の気持ちからよく吠える場合は来客に好意を持たせてあげることで、警戒吠えを抑えることができます。

子犬時代に生後6ヶ月くらいまで一緒にいることができれば、よく吠えるといった問題行動の発生を抑えることができるので、まだ子犬であるなら、接する時間を増やす努力をするのもいいでしょう。

スポンサーリンク
pomeranian-shiikuレクタングル大

pomeranian-shiikuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする