ポメラニアンの無駄吠えのしつけ方

ポメラニアンが無駄吠えをして、どのようにしつけをすればいいのか困ってはいませんか?

犬が関係している近隣トラブルで最も多いのが、無駄吠えなどが原因となる騒音に関するものです。

過去には事件にも発展したことがあります。

極端なこととはいえ、犬に無駄吠えをやめさせるしつけについてお伝えします。

スポンサーリンク
pomeranian-shiikuレクタングル大

ポメラニアンの無駄吠えをする原因

ポメラニアンは番犬にもなると説明をする人がいます。

番犬になるということは吠えるのが得意ということです。

愛玩用の小型犬であるポメラニアンは中型犬や大型犬にょりも弱い存在なので、吠えることで自分の身を守ろうとするのです。

これは多くの小型犬に共通していることですが、人気犬種は特に無駄吠えをします。

理由は血統を無視した繁殖により、性格に難がある子が量産されているという事情があるからです。

また、幼少期の育ち方も無駄吠えが止まらない理由にもなります。

子犬時代に留守番の時間が長いと、人への接し方や生活のルールが身につかない上に、長い孤独の時間が情緒不安定の原因にもなってしまうのです。

上記の理由からポメラニアンは無駄吠えをしやすい犬種ですから、すぐに効果が出るしつけはないと思ったほうがいいです。

無駄吠えを止める育て方としつけ

生後6か月まで誰かが常にそばにいたような犬の場合、無駄吠えや凶暴といったトラブルはほとんどありません。

問題を起こす犬の多くが、平日は朝から夜まで留守番をしていたという家の子です。

ペットショップでは留守番できますと言って売るのが普通なので、騙されたという飼い主も少なくありません。

ペットショップも商売な上に、子犬に朝から晩まで留守番をさせて体の健康を害したという子の話はほとんどないので、嘘を言っているわけでもないのです。

それでは、無駄吠えのしつけ方は犬が吠えたら、犬に気づかれないように大きな音を出し、びっくりさせるです。

犬が吠えたら、床に金属製灰皿を床に叩きつける、頑丈な定規で床を叩く、ペット袋がたくさん入った袋を犬に当たらないように犬の近くに投げつける。

犬は吠えたら悪いことがあると学習し、吠えなくなるのです。

ただし、昨今の血統を無視した繁殖の結果、いくらしつけをしても無駄吠えが止まらないという子もいます。

これは人気犬種ゆえのリスクであり、ペットショップですぐに購入できるという日本の制度上、仕方ありません。

この場合は精神安定剤や問題行動の専門家など別方面からのアプローチが必要です。

まとめ

ポメラニアンの無駄吠えが困っている方は少なくありません。

元々、無駄吠えしやすい犬種ですが、共働きの多い現代日本では子犬時代に孤独に長時間留守番をすることも少なくなく、結果的に情緒不安定になることも少なくないのです。

また、人気犬種ゆえに血統を無視した繁殖がされた結果、いくらしつけをしても無駄吠えが止まらない子もいます。

基本的な無駄吠えのしつけ方は、ポメラニアンが吠えたら、大きな音を出してびっくりさせるです。

これで、吠えたら怖いもしくは危険な思いをすると分かったら、無駄吠えはしません。

犬は安全か危険かで物事を判断するといわれており、嫌な思いではなく、吠えたら危険な目に遭うと理解させることが大切です。

ただし、いくら危険だと思わせようとしても飼い主が叱ったり、暴力をふるっては逆効果になります。

これでは恐怖や不安を与えるだけです。

犬は危険には回避をするための行動をとりますが、恐怖や不安に対しては従ったり回避ではなく、戦うという選択をすることも少なくありません。

犬にとって、危険と恐怖は同じものではないということを理解して下さい。

スポンサーリンク
pomeranian-shiikuレクタングル大

pomeranian-shiikuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする