ポメラニアンの脱毛・下痢・気管の病気について

ポメラニアンの脱毛と下痢、気管の病気について気になってはいませんか?

病気にならずに、生活してくれることが一番ですが、時には病気になってしまうのは仕方ありません。

ポメラニアンの脱毛、脱毛、下痢、気管の病気についてお伝えします。

スポンサーリンク
pomeranian-shiikuレクタングル大

ポメラニアンの脱毛について

ポメラニアンは子犬の時代にポメハゲと呼ばれる顔の脱毛の症状があります。

他にも、元々脱毛をしやすい犬種で、アロペシアエックス(脱毛症)という皮膚病にもなりやすいです。

この病気の原因は不明ですが、服を着ているような子はこの病気になりやすい傾向にあるという人もいます。

服と皮膚が擦れることで、脱毛してしまう可能性があり、ポメラニアンに服を着せている人は着せ過ぎには注意が必要です。

治療法も特になく、獣医によってはサプリメントを処方したり、そもそも何も処方しない獣医もいます。

下痢と気管の病気について

下痢は食べ過ぎや体の冷え過ぎでもなってしまいます。

一過性のものなら特に心配はありませんが、長時間続くようなら動物病院に行って治療をしましょう。

人に隠れて、食べてはいけないものを食べて、下痢をしている可能性もありますし、寄生虫が原因になっていることもあります。

寄生虫は動物病院の薬や治療ですぐに治るので、早めの治療が大切です。

気管の病気はポメラニアンに限らず、期間虚脱というのが小型犬に多く、注意したいものになります。

この病気は激しい咳などを伴うのが特徴で、投薬両方の他に手術も行うのが特徴です。

進行性の病気なので、放置していても治ることはありません。

咳で苦しそうにしていたら、病院に連れて行って治療をしてあげましょう。

まとめ

ポメラニアンがなりやすい病気は様々なものがあります。

これはポメラニアンに限らず、純血種の特徴なので仕方ありません。

ポメラニアンは脱毛しやすい犬種で、アロペシアエックス(脱毛症)になることがあります。

原因は不明ですが、服と皮膚が擦れるとなりやすいという人もいるので、服の着させ過ぎには注意したほうがいいかもしれません。

下痢には一過性のものもあり、食べ過ぎや体の冷え過ぎで一時的に下痢をすることがあります。

一過性のものなら、さほど注意しなくてもいいですが、続くようなら病院で治療をすることが大切です。

飼い主に隠れて、食べてはいけないものを食べたり、寄生虫が原因であることも少なくありませんから、少し続くと思ったら、早めに病院に行きましょう。

ポメラニアンに限らず、小型犬は気管虚脱になりやすい傾向にあります。

放置しても治らないので、病院での治療が大切です。

スポンサーリンク
pomeranian-shiikuレクタングル大

pomeranian-shiikuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする