ポメラニアンの目の色から分かる目の病気

ポメラニアンの目の色が変わっていて、目の病気かもと心配になっていませんか?

もし、目の病気だったら嫌ですよね。

目の色から分かる目の病気についてお伝えします。

スポンサーリンク
pomeranian-shiikuレクタングル大

目の色でわかる目の病気

ポメラニアンの目の色が白いと白内障の恐れがあります。

完全に白く濁ってしまうと失明してしまうので、気づいたらすぐに病院へ連れていきましょう。

糖尿病が原因で発症することもあり、甘いものを食べさせ過ぎたり運動不足には気をつけてください。

緑色に見えるなら緑内障の疑いがあります。

これは原因が不明なことが多く、治療法もないという怖い病気です。

最終的に失明し、眼球を摘出ということになります。

充血しているのなら、角膜炎などが多いです。

放置しておくと角膜に穴が開いてしまうことがあるので、しっかりと治療をしましょう。

原因は目の乾燥やアレルギーなど様々ありますから、生活に改善の余地があるなら早めに改善するといいです。

病気は早期発見と早期治療が大切

基本的にどの病気も早期発見と早期治療が大切です。

早期に治療をすることで、治療の幅が広がりますし、症状の進行もそれだけ抑えることが可能になります。

他にも、医療費も安く済むことが多いですから、年に1回の健康診断で病気の早期発見をすることもおススメになります。

ポメラニアンなので、中型犬や大型犬に比べれば、病院に連れていくことは簡単ですから、億劫がらずに連れていきましょう。

病気が進行すると、どの病気であっても生活の質は下がることになりますが、目の病気も例外ではありません。

失明したことでポメラニアンがパニックに陥り、精神不安定になったということも珍しくないので注意が必要です。

まとめ

ポメラニアンの目の色が白い場合は白内障という目の病気の可能性があります。

これは糖尿病や加齢が原因で発症するので、目の色が白いと思ったら、すぐに病院へ連れていき治療をしましょう。

完全に白くなってしまうと、失明してしまいます。

ポメラニアンの目の色が緑色の場合は緑内障の可能性があるので注意しましょう。

この病気は発症の原因が不明で、治療法もなく、最終的には失明し、眼球の摘出手術をしなければいけない病気です。

充血をしている場合はアレルギーや乾燥が原因の角膜炎の可能性があります。

放っておくと、角膜に穴が開く可能性があるため、治療をしましょう。

環境が原因の場合もあるので、生活に改善の余地がある場合は改善し、ポメラニアンの目の病気を改善してあげましょう。

スポンサーリンク
pomeranian-shiikuレクタングル大

pomeranian-shiikuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする