ポメラニアンの年齢を人間に換算したらどれくらい? 

ポメラニアンの年齢を人間に換算したらどれくらいなのか気になってはいませんか。

小型犬のポメラニアンは純血種なので、遺伝病になりやすいという欠点はありますが、犬の中では寿命が長いのが特徴です。

そんなポメラニアンの年齢を人間に換算したらどれくらいなのかをお伝えします。

スポンサーリンク
pomeranian-shiikuレクタングル大

ポメラニアンの年齢を人間に換算する方法

生後3ヶ月が4歳、6ヶ月で7歳半、9ヶ月で11歳、1歳で15歳、1歳半で19歳半になり、カテゴリーとしては子犬に分類されます。

生後6ヶ月までは人間がつきっきりで面倒を見ることで、安定した情緒を持つ犬に成長するので、生後6ヶ月までは長時間の留守番はさせないほうがいいです。

2歳が23歳で成犬の仲間入りになります。

なお、繁殖自体は約1歳ほどで可能です。

3歳が年齢を人間換算した場合、28歳となり、以後4歳ずつ年齢が増えていきます。

6歳でシニア犬の仲間入りですが、本格的な老化を感じるのは9歳前後のことが多いようです。

人間換算すると72歳になる14歳で高齢犬の仲間入りをします。

長生きする育て方

基本的に大型の犬ほど寿命が短く、小型犬であるポメラニアンは寿命が長い傾向にあります。

一般的に盲導犬などの使役犬にされるレトリーバーの寿命が10歳から13歳ほどなのに対し、ポメラニアンは13歳から15歳ほどです。

これは使役犬で働かされたせいとかではなく、犬種としての一般的な傾向であり、世界的にも共通しています。

そんな犬の中では長命なポメラニアンですが、更に元気に長生きしてほしいと願うのが飼い主ではないでしょうか。

長生きをする育て方は適切な食事と適切な運動と環境です。

寒暖差が激しい環境での飼育はポメラニアンへの体に負担がかかりやすいので、できるだけ寒暖差がないようにしてあげます。

食事に関しては良質なタンパク質が入ったドッグフードが理想的です。

老犬になると、足腰が衰えるので、少しでも運動をして、老化を抑えてあげましょう。

まとめ

ポメラニアンの年齢を人間に換算した場合、生後3ヶ月が4歳、6ヶ月で7歳半、9ヶ月で11歳、1歳で15歳、1歳半で19歳半になります。

犬の年齢が2歳になった時に、人間換算では23歳です。

3歳が28歳となり、以後4歳ずつ年齢が増えていきます。

6歳でシニア犬の仲間入りをして、14歳で高齢犬の仲間入りです。

純血種のポメラニアンは遺伝病がある犬ですが、小型犬のため、13歳から16歳が寿命です。

大型犬では10歳未満で寿命を迎える犬種もいます。

使役犬で有名なレトリーバーの平均寿命は10歳から12歳のため、ポメラニアンは犬の中では長命です。

スポンサーリンク
pomeranian-shiikuレクタングル大

pomeranian-shiikuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする