ポメラニアンの値段が相場と違う時の理由

ペットショップで相場よりかなり安いポメラニアンを見たことはありませんか?

ポメラニアンの値段が相場と違うのは何故なのかをお伝えします。

スポンサーリンク
pomeranian-shiikuレクタングル大

ポメラニアンの値段の相場

ポメラニアンは15万円から30万円が平均的な値段の相場になります。

この相場は親犬の外見、ショーでの成績といったものでかなり変わりますが、こういう犬は通常、ペットショップに並ぶことはないのが普通です。

そのため、親犬がショーで好成績を残しているなどの場合、子犬の値段が跳ね上がることに珍しくありません。

特に、両親ともに優秀な成績を収めている場合は、数百万という単位で取引されることもあるようです。

他にも親犬の体重や体高がショードッグとして理想的だった場合も相場より値段が上がります。

子犬の外見に関しても人気の毛色であれば値段は上がる傾向にあり、時期によってかなり左右されることが多いです。

また、ゴールデンウィークが最も犬が売れる時期なので、ポメラニアンに限らず、犬の値段は相場より上がる傾向にあります。

ポメラニアンの値段が相場と違う理由

ポメラニアンを買う人にはぱっと見では分からないけれど、何かしら先天的な異常を持っているような子の場合、相場より値段が安くなる傾向にあります。

先天的に異常があることは買い手側が尋ねなければ、答えないというペットショップもあるらしく、購入後にトラブルになることは少なくありません。

大抵の飼い主は返品ができないくらいに愛着が湧いていたり、返品後に処分されるという未来が見えているため、返品しないということも多いです。

現在の日本の動物の流通は物の流通と一緒のため、利益が出なければ即処分が普通になります。

まとめ

ポメラニアンの値段が相場と違うのは、親犬がショードッグとして優秀な成績を収めた特別な犬だったり、珍しい毛色だったりした場合です。

これらの犬は高値で取引され、通常のペットショップでは出回らないのが普通ですから、一般の人がこれらの子犬を見ることすら稀でしょう。

通常の相場より安いという場合は先天的に何かしらの異常や病気を持っている可能性があります。

先天的な異常に気づかずに購入し、あとでトラブルになってしまうことは珍しくありませんから、安いからという理由だけで購入しないようにしましょう。

あとは売れ残ってしまい、何か月もペットショップにいて体が大きくなってしまった子も稀に安く売られていることがありますが、通常は処分なので、稀です。

スポンサーリンク
pomeranian-shiikuレクタングル大

pomeranian-shiikuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする